目の下のたるみを無くしハッピーライフを掴みとる

女性

脂肪溶解注射の働き

美容整形

簡単に部分痩せができる

美容皮膚科で出来る部分痩せ注射がフランス生まれの「脂肪溶解注射」です。脂肪溶解注射は美容皮膚科でも人気の痩身治療のひとつです。大豆レシチンから抽出した薬液を注入し、脂肪細胞を分解して体外に排出して脂肪をなくします。分解された脂肪は腎臓や腸の働きで老廃物と一緒にデトックスされます。一切メスを使わず、気になる脂肪を分解できます。フェイスライン、お腹周り、太もも、お尻、ふくらはぎなど、脂肪がつきやすい部分だけ狙ってサイズダウンできるのも脂肪溶解注射の特徴です。注射を打つだけなので施術時間は10分程度で、1週間くらいかけて脂肪が代謝されて排出されます。2週間〜3週間に1回の割り合いで注射をすると効果的です。

3回以上の注射が必要

脂肪溶解注射は脂肪吸引に代わる新しい痩身治療として注目されています。すでに美容整形先進国では当たり前のように使われていますが、日本の美容皮膚科でも急速に広まっています。脂肪溶解注射は脂肪量を減らす薬として長年使われてきているので、大きな副作用などはなく安心して治療できます。ただし、注射1回の痩身効果が弱いというのが欠点です。はっきり効果がわかるようにするには、3回くらい注射をする必要があります。落としたい脂肪の量が多ければ、注射をする回数も多くなります。定期的に注射を繰り返せば、それだけ痩せやすい体質になります。美容皮膚科で脂肪吸引をする場合は、通院しやすいクリニックで治療を受けることが大切です。